2017年4月8日GoogleAdSense申請時点でのAdSense のご利用条件

2017年4月8日に申請し、一度は、不十分なコンテンツということで承認されませんでしたが、修正をし、再度申請した結果2017年4月11日に承認になりました!

その時点でのご利用条件等を記載しますので、これからAdSenseに申し込みをしようと考えられている方はAdSenseの条件とウェブマスター向けの品質に関するガイドライン等を確認してみてくださいね。

おっと!! 申し込みの前にまず、ドメインの取得必須です。

サブドメインもNGですので気をつけてくださいね。

日本語ドメインをお使いの方はpunycodeに変換して申請して下さい。

 

1.自分のサイトが AdSense のご利用条件を満たしているか確認する

 

1-1.他にはない魅力があるか

サイトに独自の魅力があるか

独自のテキスト画像などのことを表してあり、特に、要素となる部分を魅力的に配置を考えたりして独自のレイアウトを作り、ユーザーが求めている情報を簡単に参照できるようにする。

サイトを効果的に構成する方法については、ユーザーの利便性に関するガイドラインを参照してください。

また、AdSenseでは、コメント欄を用意するのも効果的とされていますがですがコメント欄の設置には、AdSense のプログラム ポリシーに従い、不適切なコメントが投稿されないように管理をしてください。詳細については、ユーザー作成コンテンツの詳細と管理方法をご覧になってください。

私は、スパムコメントが多くて困っていたので、Throws SPAM Awayのプラグインをインストールしてましたのでよかったのかもしれません。このコメントスパムの件はウェブマスター向けの品質によるガイドラインの中にコメントスパムを防止する方法が書いてありますので参考にして下さい。

 

 

1-2.操作が簡単でわかりやすくなっているか

メニューバーはAdSenseでは、特に重要な要素とされています。下記画像の赤い枠で囲った部分のことです。

 

 

1-3.興味を引く独自のコンテンツがあるか

専門的な知識を生かしたコンテンツや自分のアイデアなどオリジナリティーのある独自のコンテンツを搭載する。

注意:コンテンツ ポリシーで定められているように、AdSense 広告は、独自性がないコンテンツや著作権で保護されたコンテンツを引用し、掲載しているサイトは禁止なので表示できません。

 

 

2.禁止コンテンツ

AdSeneで禁止されているコンテンツがないか再度チェックをしましょう!

アダルト コンテンツ
個人、集団、組織を誹謗中傷するコンテンツ
危険ドラッグおよび薬物に関連したコンテンツ
アルコールに関連したコンテンツ
タバコに関連したコンテンツ
ヘルスケアに関連したコンテンツ
ハッキング、クラッキングに関連したコンテンツ
報酬プログラムを提供するページ
不適切な表示に関連したコンテンツ
暴力的なコンテンツ
武器および兵器に関連したコンテンツ
不正行為を助長するコンテンツ
違法なコンテンツ

出典:google AdSense

 

 

3.ウェブマスター向けの品質に関するガイドライン

見落としがちな、ガイドラインなのですが、AdSenseでは、AdSense プログラムに参加するサイト運営者様はウェブマスター向けの品質に関するガイドラインに準拠していただく必要があります。と明記されていますので、一読された方がいいと思います。

 

 

4.AdSeneで必須のサイトのプライバシーポリシー

AdSenseでは、サイトのプライバシーポリシーを明記することを必須とされていますので必ず固定ページなどを使いプライバシーポリシーのページを作りましょう。

私のプライバシーポリシーでよければご自分用に加工して使ってくださいね。

 

5.審査期間

 

申し込みを送信後、AdSense の [ホーム] ページからコードをコピーし、サイトの HTML の <head> タグの直後に貼り付け後審査が続行されます。

この審査が続行されてから、1日~2日となっています。

 

 

最後に、皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)