無料のHTML・CSSテンプレートをWordPress化する方法No.1

WordPressにテーマを認識させる素材ををダウンロードする

 

まず、商用OKの無料のフォルダをダウンロードして解凍しておきます。

商用OKですが、一部を抜粋すると、

  • アダルトサイト

  • 法律に反するサイト

  • モラルに反するサイト

などのサイトにはご利用できません。必ず、利用規約も必ず読んでくださいね。

今回ダロンロードするのは、No.14です。

今回カスタマイズするのに使用するデザインのサイト名とURLは下記のとおりです。

サイト名:CoolWebWindow
URL:http://www.coolwebwindow.com

 

現在WordPress&サーバーをお持ちでない方は、無料で使用できるMANPをインストールして編集に使ってみましょう。

 

MAMPをWindws10にイントールしてサーバーにアクセスする方法

テキストエディタには、Atomを使用します。

Atomの公式ページからダウンロードして、必要であれば、日本語化したりして使ってみましょう。

まず、ダウンロードしたpub014のフォルダを解凍します。

 

 

 

それでは、まず、WordPressが認識できるかどうか試しにサーバーにupロードしましょう。

 

・Xサーバーのファイルマネージャーからログインして【ドメイン名】→【public_html】→【wp-content】→【themes】の順にアクセスします。

・MAMPの方は、【MAMP】→【htdocs】→【wordpress】→【wp-content】→【themes】の順にアクセスします。

以下の説明以降UPロードと記載した時、MAMPの方は上記の手順でフォルダやファイル移動したり作成したりしてください。

ファイルの作成などはATOMを使うと便利です。

Atomを開いて【ファイル】→【フォルダを開く】→【MAMPをインストールしたドライブ】→【MAMP】→【htdocs】→【wordpress】→【wp-content】→【themes】の順です。

 

 

以下の画像は、フォルダを作成した後の画像ですが手順としては

①任意のテーマを入力します。私はmythemeとしました。

②フォルダ作成をクリックします。

すると以下の画像のようにフォルダが作成されます。

 

 

次に【mytheme】の中に

【style.css】と【index.php】のファルを作成します。

 

 

 

 

次にstyle.cssとindex.phpのをファイル編集をします。

まず、style.cssにチェックを入れ編集をクリックします。

 

 

 

※MAMPの方はAtomを使って以下の画像のようにファイルを作ります。

 

 

すると以下のようにか編集画面が表示されます。

※保存する時ファイル名の文字コードUTF-8に必ずしておいてください。

 

 

 

次に以下のstyle.cssに以下のコードをコピペして記述してください。

 

 

 

 

index.phpにはダウンロードしてきたsample.htmlのファイルの中身を今回は使用しますので以下のコードをindex.phpとして記述してください。

 

 

wordpressの管理画面から外観→テーマをクリックすると以下の画像のようにテーマとして認識されますので一旦有効化しておきます。

画像を表示したい時はscreenshot.pngとして画像をテーマの中に置くことにより自動的に認識されるようになります。

 

 

先ほど、style.cssファイルを作った同じ階層に今度は【top.php】というファイルを作りダウンロードしたindex.tmlのファイルの中身をそのまま記述します。

 

 

次にダウンロードしてきたファル【pub014】の中から【CSS】・【images】・【js】のフォルダをUPロードしますのでまず、CSS・images・isのフォルダを作りその中にファイルをUPロードするか、FFFTPのソフトを使うと以下の画像のようにフォルダ毎upロードできます。

※【pub014】→【src】の順に開くとcss・images・jsのフォルダがあります。

以下の画像は、imagesとjsのフォルダはアップロード済みでcssのフォルダをアップロードする前の画像になります。

 

MAMPを使用されて方のatomの最終的なフォルダとファイル構成は以下の画像の通りです。

 

 

※今回は、Wordpressに認識してもらえるんだな!!という確認のためそのままサーバーを扱いましたが、次回からは、MAMPとAtomを使ってローカル環境で作業する方法をとり最後に出来上がったデータをサーバーにアップロードする方法をとりますので、MAMPとAtomが使用できるようにダウンロードしておいてくださいね。※もちろん直接サーバーにアップロードするのもOKです。

 

 

にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)